コンサルタントや会計職(税理士・公認会計士・会計コンサルタント)を目指している学生のみなさん向けに、日本経営グループのリクルーターや採用担当者が、採用活動の舞台裏や就職活動に役立つ情報などを発信していきます。

組織コンサルから組織開発事業の創業


当社は可能性が拡がるフィールド
当社には、「自由」と「可能性を広げられる環境」が整っています。
この点について、わたしのケースをご紹介したいと思います。

社員に成長のフィールドを与え続ける環境
私は大阪本社で組織人事コンサルタントとして2年半勤務し、一人前になるかならないかという時期に、役員の推薦と上司、先輩の後押しによって東京支社に転勤しました。私にとってみれば大きな成長のチャンス、約3年間にわたり市場開拓と学習に励んできました。ようやく成果が出始めた時、今度は上司から「出向してみないか?」と話をいただきました。テーマは経営再建、私は組織人事の経験しかなかったため、会社からすると社会的な信用を失いかねないリスクです。社内にはその分野を専門とする適任者がいたのですが、役員から「成長の機会になるから行ってこい」と背中を押され、出向することが決まりました。ここで約2年間、必死の努力と役員や仲間から技術面、精神面のサポートを得ることで、無事成果を出すことに成功しました。
社員一人ひとりの状況を見て、次のステージに向けて能力開発と視野を拡げる機会を会社が提供してくれること、これは当社の魅力の1つだと考えています。若い年次から様々な経験ができるため、苦労もありますが、それ以上のやりがいと達成感を得ることができます。

やりたいことを後押ししてくれる環境
出向を終え、会社に戻った私は、改めて自分が何をしたいのかを探求したいと思い、外部の勉強会等に積極的に参加し始めました。2年ほど経つと「組織に関わりのある全ての人々が希望を持って働ける組織づくりをしたい」とする気持ちが芽生え、新たな事業を立ち上げたいとする意志が高まってきました。
しかしながら、新しい事業を立ち上げ、それを手掛けていくことは、従来の業務を全て手放すことになるため、会社にも仲間にも大きな迷惑をかけることになります。部下もおり、予算も抱えていたためなおさらです。そんなことが許されるのだろうかと不安を抱きながら想いを役員に伝えたところ、「本気ならチャレンジしなさい」と快く承認してくれました。そこから準備期間を1年かけ、仲間のサポート得ることで、組織開発コンサルティングを支援する「ミライバ」を立ち上げることができました。今私は自分が心からやりたいと思えるサービスを提供することができています。

本気で何かをやりたいとする社員に対し、当社は全力で応援してくれる文化があります。社員の気持ちを尊重し、人生を応援していくことにコミットがあることが当社の魅力の1つであり、とても感謝しています。 私たちの会社は、社員に対する想いが深く、一人ひとりの人生をとても大事にしています。会社と社員という契約以上の結びつきがあり、共に歩んでいこうとする思想が根付いています。