コンサルタントや会計職(税理士・公認会計士・会計コンサルタント)を目指している学生のみなさん向けに、日本経営グループのリクルーターや採用担当者が、採用活動の舞台裏や就職活動に役立つ情報などを発信していきます。

2019年入社予定の内定者に聞く会社選択のポイント②

本日は、就職活動での「会社選択のポイント」の2回目です。
今回は2019年入社予定内定者(同志社大学4年生)に聞いてみました!

★☆★☆★☆★☆★☆


私の会社選択のポイントは、一言で表すと「人」でした。

私は、商業高校から大学の商学部に入学したこと、ダブルスクールという形で、専門学校で税理士資格の勉強をしていたこともあり、会計に関わる仕事をしたいという思いがありました。

そうは言っても、たくさんの会計事務所や税理士法人がある中で、最終的に決め手となったのは、インターンシップや会社説明会、面接で実際に当社で働いている社員と出会い、 「こんな方々と仕事をしたいな」と感じたからです。

私がインターンシップに参加して、様々な社員とお話して感じたのは、私の疑問や不安に対して、常に真剣に向き合って頂いたということです。 冗談を交えながら和やかにお話しつつも、私が質問したことに対するその方なりの意見や、仕事をしていて感じるやりがいや思うところを、いい面も悪い面も素直にしっかりと教えてくださって、 気遣いや思いやりということを、意識してではなく素でされている方ばかりだなという印象を受け、私もこんなふうになりたいなと思う部分が多くありました。

仕事内容や条件など、人それぞれ譲れないポイントはあるかと思いますが、「こうゆう方々と仕事がしたい」「こんな人になりたい」という人に出会えたら、 それは仕事をする上でのモチベーションにもつながると思いますので、ぜひ、「人」を見ることを1つのポイントにしてみるといいと思います。

★☆★☆★☆★☆★☆