コンサルタントや会計職(税理士・公認会計士・会計コンサルタント)を目指している学生のみなさん向けに、日本経営グループのリクルーターや採用担当者が、採用活動の舞台裏や就職活動に役立つ情報などを発信していきます。

これが会計の仕事か!

こんにちは、病院財務事業部の新入社員の河野です。
私は2019年4月に入社したので、入社して約半年が経とうとしています。まだまだ分からないこともたくさんありますが、上司先輩方に力を借りながら、日々の業務を行っています。勿論、苦しいことだらけではありません。会計の仕事は自身の成長を実感できる業務です。今までできなかった仕事ができるようになったり、自身のノウハウを生かしてお客様の役に立つことが出来たときは非常にやりがいを感じますし、喜びも感じます。そんな苦しみや喜びを感じながら、怒涛の約半年を過ごしてきました。


私は、学生時代の頃から、税理士という職業に憧れ、勉強をしてきました。当時は、試験に合格することがゴールであり、その後の自身の姿はあまり想像したことがありませんでした。就職活動をするにあたって、私は、以下の2点に着目しながら、就職活動に臨みました。

・若手の頃から様々な経験をさせて頂けること
・自身の学んできたノウハウが生かせる場所


全国数多ある会計事務所から、私は当社にエントリーし、内定を頂きました。学生時代、会計や税務の勉強をしていたことから、自身の知識をすぐに仕事で活かすことができると思っていました。しかし、実際に業務を行っていると、まだまだ知らなかったこと、知っていなければならないことがたくさんあり、私が勉強していたことはあくまで一部であり、お客様のお役に立つためには、様々な知識、情報を持っていなければならないと感じました。また、知識や情報だけでなく、社会人としてのマナーについても身につけていなければならないと感じました。我々の仕事は、人と人が関わり合う仕事です。したがって、お互いの信頼関係がなければ成り立ちません。故に、社会人としてのマナーは当たり前であるが、非常に重要であることを強く感じました。


このように感じることができたのも、当社の大きな特徴である「若手の頃から様々な業務をさせていただける」ことがあったからだと思います。当社では、若手の頃からお客様とお会いする機会が多く、これが若手社員の育成・成長にも大きく繋がると感じております。

私は、会計事務所は月次監査や決算業務をメインとして仕事を行っていると思っていましたが、入社してそのイメージは大きく覆されました。当社は税理士法人ですが、いわゆる会計事務所の仕事である月次の監査や決算業務のみを行っているわけでなく、相続対策や財務的な観点からのコンサルティング業務も行っており、日々の会計業務からお客様の問題点や課題を見つけ出し、その問題点や課題の改善のためのご提案を行っています。実際に、当社でコンサルティング業務をさせていただいたことにより、業績が良くなり、事業を安定させることができたと喜んでくださるお客様もいます。


会計の仕事は、業務を通してお客様のお金を管理することでもあります。業務を通してお客様と信頼関係を築き、会計業務からコンサルティング業務まで、様々な観点からお客様のご支援をすることが会計の仕事だと感じています。

私も学生時代は勉強や就職活動に漠然とした悩みを持っていました。でもそれはみんな同じです。一人で抱え込まないで、どんどんいろんな人と話してください。周りの人たちと切磋琢磨しながら、頑張ってください!これからの時代を担う若い方々の成長を願っています!