コンサルタントや会計職(税理士・公認会計士・会計コンサルタント)を目指している学生のみなさん向けに、日本経営グループのリクルーターや採用担当者が、採用活動の舞台裏や就職活動に役立つ情報などを発信していきます。
catch-img

あなたはなぜ日本経営に?

こんにちは。組織人事コンサルティング部新入社員の本田です(2019年4月入社)。入社して半年が過ぎ、会社にも慣れてきました。今は目の前の業務に必死ですが、非常に充実した毎日を過ごしています。今回は、数ある企業の中でなぜ私が日本経営に入社したのかを紹介したいと思います。皆さんの就職活動の参考になれば幸いです。

私は就職活動中、現場で働く人が幸せに働ける環境を作りたいという想いをもって活動していました。そして、現場で働く人のベクトルが皆同じ方向に向けば爆発的な力が発生し、よりよい成果を出すことができるはずだと確信していました。また、本気で働きたいと考えていましたので、同じく本気で働いているであろう経営者の方と一緒に仕事をしたいと思っていました。そのような想いを持ちつつ、色々な職業を調べている際に、組織人事コンサルタントという職業を知りました。組織人事コンサルタントは、人や組織という切り口からアプローチをすることで経営を良くするという職業です。私のやりたいことである「現場で働く方々が幸せに働ける環境を作る」ことができる仕事だと思いました。そのため、組織人事コンサルタントになろうと考えました。これでやりたい仕事は決まりました。一方で、働く環境としては自分の長所を伸ばすことができ、仕事の裁量が大きい会社が良いと考えていました。そのような中で日本経営は、それが実現できる環境であると感じました。特に、お会いした社員の方々と話していると、自由に楽しく伸び伸びと働いているように感じました。(決して自分勝手ということではありません)

一方で、上記のような働き方ができそうな他の会社からも内々定を頂いていました。そのため、どの会社に入社しようかと非常に悩みました。更には、私は新卒というカードを非常に大事にしていたため、どの会社が新卒で入社するのに適切なのかと何度も何度も夜が明けるまで考えました。社員の方々に何度も面談の場を設けてもらい、不安点や懸念点を相談しました。私が日本経営に入社するにあたって特に気にしていたことは、専門特化している「ヘルスケア業界」に、全く興味を持っていなかったことです。私は病院や介護施設といったヘルスケア業界ではなく、一般企業に対してのコンサルティングを行いたいと考えていました。そのため非常に入社を迷っていました。

考えに考えた結果、私は日本経営に入社することを決めました。私が日本経営に入社しようと決意した理由は3つあります。1つ目は、憧れのコンサルタントがいたことです。日本経営以外の入社を迷っていた会社にも優秀だと感じるコンサルタントは沢山いました。そのようなコンサルタントの方と何度も面談を行い、内定者アルバイトも行いましたが、「こんな人と働きたい」「こんなコンサルタントになりたい」と感じたのは日本経営のコンサルタントでした。これが入社を決めた一番大きな理由になります。2つ目は、人間力を伸ばせると思ったことです。これからどのような形で働くとしても人間力は大切だと思っていました。人としてどうあるべきか、どう振る舞うべきか等を学べる機会が多い環境に魅力を感じました。特に、新卒入社という立場ですので、社会人の初めにビジネスマンとしての基礎を固められることを、日本経営の社員との面談等を通じて強く感じました。実際、面談等を通じて社員の方は話をよく聞いてくださり、人間力の高さを垣間見ることが多々ありました。3つ目は社風です。会社の雰囲気が自分に合いそうだと感じたからです。その当時感じていた社風は、社員同士の距離が近く仲がいいことです。年次や役職に関わらず自分の意見を自由に発言でき、それを受け止めてくれる環境があると感じました。こういった関係性をみて、ここでなら楽しく働けそうだと思いました。以上のような理由から最終的に日本経営に入社しようと決断しました。

実際に入社してから感じる当社の魅力は、2つあります。1つ目は、やはり社員の人間力が総じて高いということです。上司・先輩社員はもちろんですが、同期の新入社員にも既に人間力が高い人が多いと強く感じます。皆主体的に率先して動き、他者への貢献意欲が強い人が多いです。そういった環境で働けることを幸せに感じています。一方で、私はまだまだ人間力という点において未熟だと感じます。しかし幸いなことに、日本経営は人間力に重きを置いている会社です。人間力の向上を目的とした研修が沢山あります。このような機会を最大限に活かすことで、一歩一歩人間力の高いコンサルタントに近づこうと思っています。2つ目は、仕事の裁量・自由度が大きいということです。入社してみて改めて感じましたが、やりたいことをやらせてくれる風土があります。実際、社員の方がやりたいことを発表するC2INKというイベントから沢山の事業が生まれています。また、直近の身近な例を挙げますと、海外で働きたいと言っていたある同期は入社半年にして、海外の拠点で働き始めています。このように、自分が行いたい仕事を実現できるフィールドが日本経営には本当にあるのだと強く感じています。

就職活動は私もそうであったように、非常に不安になりますし、悩みますし、迷うと思います。就職活動を終えた身である私からのアドバイスとしては、それらから逃げるのではなく真剣に向き合うことが大切だと思います。なぜ不安なのか、なぜ悩んでいるのか、なぜ迷ってしまうのか。それらを考えることが自己分析であるとも言えます。皆さんが真剣に向き合った先に、自分が納得できる会社に入社できることを願っています。