コンサルタントや会計職(税理士・公認会計士・会計コンサルタント)を目指している学生のみなさん向けに、日本経営グループのリクルーターや採用担当者が、採用活動の舞台裏や就職活動に役立つ情報などを発信していきます。
catch-img

リスクマネジメントコンサルティング部のご紹介 Ⅰ

こんにちは!2021卒リクルーターをしています、3年目社員の野田です。
今回は、私が所属しているリスクマネジメントコンサルティング部という部署をご紹介します。

日本経営と聞いてまず想像するのは、主に医療機関向けの収益改善コンサルや人事コンサル、会計事務所だと思います。ですが、一口にコンサルといっても、様々な分野に特化したコンサルタントがいます。

私達は、リスクマネジメントに特化しています。
リスクマネジメントの定義を説明すると、リスクを組織的に管理(マネジメント)し、損失などの回避または低減をはかるプロのことになります。
​​​​​​​お客様のリスクの算定・評価を行い、どのような対策をするかなどを日々検討しています。
ある時はBCP(事業継続計画)を策定し、ある時は保険を活用し、あるときは研修等でリスクそのものを減らす活動を行います。

加えて、新規事業を生み出す取組みを積極的に行っています。

大災害に遭遇した際に、企業にとっては、事業資産の損害を最小限にとどめつつ、中核となる事業の継続あるいは早期復旧が必要です。これを可能とするために、平常時に行うべき活動や緊急時における事業継続のための方法、手段などを取り決めておくBCPの策定が必要です。

また、お客様がリスクを自家保有できる仕組みを構築するキャプティブの提案ができるよう準備しています。

まさに過渡期を迎えている部署で、私も日々大きな刺激を受けながら仕事をしています。
次回は、もっと具体的に、私たちの仕事の魅力を語っていきたいと思います!