コンサルタントや会計職(税理士・公認会計士・会計コンサルタント)を目指している学生のみなさん向けに、日本経営グループのリクルーターや採用担当者が、採用活動の舞台裏や就職活動に役立つ情報などを発信していきます。
catch-img

リスクマネジメントコンサルティング部のご紹介 Ⅱ

こんにちは!2021年卒リクルーターをしています、3年目社員の野田です。

前回に引き続き、リスクマネジメントコンサルティング部の仕事を紹介します。
今回は、数ある事業のなかでも、若手社員の私が普段行っている保険の仕事について詳しくお話しします。

当社の強みは、数字に基づく正確な提案ができる保険代理店であることです。
当社は、お客様の決算書等を見せていただき、それをもとに保険の提案を行います。つまり、お客様の経営状況を細部まで把握したうえで、お客様に合った提案を行う、ということです。

保険というのは、お客様が不測の事態に陥った際、事業の継続資金や家族の生活資金を確保するためのものです。お客様にとって最適な保険をご提案するためには、それらの必要金額がいくらなのかを検討する必要があり、そのためには、決算書をはじめとした資料を通じて、経営状況を把握することが必要不可欠です。

そして、数字を把握するからこそ、なぜ保険が必要なのか、ということを確かな根拠と理由をもって説明する必要があります。自ずと、決算書を見て、どの項目が何を意味しているのか、結果、そのお客様の状況はどうなのか、ということを考えることになります。数字の根拠だけでなく、お客様と深くコミュニケーションを取り、家族や従業員への想いを聞くことができると、最終的な提案内容が大きく変わってきます。
ここが、この仕事のとっても面白いところです。


仕事のやりがいという点でいうと、私は現在入社3年目の社員ですが、お客様への提案内容を自分で考えることはもちろん、今では、自分よりもキャリアのある方々を束ねるリーダーの立場となり、一年間の事業計画まで自分で作成するようになりました。
日々ロジカルな意見を求められるこの仕事は、とても面白いですし、やりがいがあります。

今後、自分にできることをもっと増やして、お客様への提案の幅を広げていきたいと思います。