コンサルタントや会計職(税理士・公認会計士・会計コンサルタント)を目指している学生のみなさん向けに、日本経営グループのリクルーターや採用担当者が、採用活動の舞台裏や就職活動に役立つ情報などを発信していきます。
catch-img

毎日が年末年始

一年の締めくくり「年末」。
人生において、他の日とまったく同じ24時間であるにも関わらず、なぜか「あぁ~終わったなぁ」「頑張ったなぁ」という雰囲気になりますよね。
これは周囲の雰囲気がなせる業なんでしょう。

ちなみに12月31日を「大晦日」と言っていますが、他の月末を「晦日」って言うって知っていましたか?
「晦日」の集大成(最終日)なので「大」を冠しているということからも、この日が特別であることが読み取れます。
きっと、みなさんも「今年の振り返り」や「来年の抱負!」など色々考える時間を過ごされると思います。


ただ、ちょっと質問。
今年の抱負を一年間思い続けた日って何日ぐらいありますか?
・・・。

「ぎくっ」とされた方もいるでしょう。
たいていそうです。私も学生の頃や社会人成りたての頃はそのような状態でした。
ただ、この職業柄それではいけないということも実感しています。


ある上司がいっていました。
「毎日が年末年始だと思え。そうすれば、毎日が特別であり、毎日振り返ることができ、明日の抱負かかげることができる。」
なるほどなぁと思いました。

これから先、みなさまを待ち受けるのは「レールなき荒野」です。
ぜひ、そのような荒野を走るための「イメージ」を持つこと、そのような「時間」をもつことを少しでも意識してもらえたらと思います。


彼の有名なナポレオン・ボナパルトの言葉を贈り、今年最後のブログとさせていただきます。

余は常に仕事をし、よくよく瞑想する。何かを企てる前には長い間瞑想し、起こるかもしれないことを予見するよう努めている。
他の者にとっては思いがけぬ場合にも、突如として密かに余に啓示してくれるのは天才ではなく、熟慮であり、瞑想なのだ。

-フランスの皇帝 ナポレオン1世[1769-1821]の言葉-  

​​​​​​​みなさまよい来年を!