コンサルタントや会計職(税理士・公認会計士・会計コンサルタント)を目指している学生のみなさん向けに、日本経営グループのリクルーターや採用担当者が、採用活動の舞台裏や就職活動に役立つ情報などを発信していきます。
catch-img

メリットしかない!寮食制度のご紹介

皆さん、こんにちは。
トータルソリューション事業部の2年目社員(2018年度入社)の西村です。


今回は当社の寮食についてご紹介します!
当社には寮制度があり、希望者は寮に入寮することが出来ます。
そして、寮生は平日の朝食と夕食で「寮食」を頼むことが出来ます。(予約制ですよ)

さて、この寮食ですが、実は新入社員にとってすごくメリットのある制度なんです!
今回はそのメリットを3つご紹介したいと思います


①安い
なんと言っても1番実感するメリットはこれですね。
朝食は1食100円、夕食は1食350円!
さらにご飯と汁物はおかわり自由なので、量的にも満足で、コスパ最高です!
何かとお金が足りない社会人一年目の強い味方です。

②時間の節約
自炊したり通勤したりというのは毎日続けると結構時間が持っていかれますし、疲れますね?
寮なら会社から徒歩圏内ですし、寮食では毎日ご飯が用意されているのでとても快適でありがたいです。
特に、新入社員の間は業務で覚えないといけないことが多いですし、自分で資格取得を目指す方は尚更勉強出来る時間を作っていく必要があります。寮制度はそんな若手をサポートしてくれます!
かく言う私も今、中小企業診断士を働きながら勉強していますが、寮や寮食のおかげで随分と時間を作れていて助かっています。

③コミュニケーションの場
寮食をとっていれば仕事終わりはそのまま食堂に向かうため、食堂には大体誰かがいます。
たとえ同期でも部署が変わると話す機会がなくなりますが、寮食で会えばお互いの近況を話し合ったりしてコミュニケーションをとりやすいです。
また、食堂では他部署の先輩と一緒にご飯を食べることも出来ますし、寮食は部署や年次を超えて気軽に話しかけやすい環境だなあと、利用していて思います。


いかがでしょうか。若手にはメリットしかありませんね!
是非、新入社員の間は寮食制度の利用を検討してみてくださいね。

ちなみに、食堂の様子はBEATの動画で映っていますので、是非チェックしてみてくださいね!

https://saiyo.nkgr.co.jp/blog/172