コンサルタントや会計職(税理士・公認会計士・会計コンサルタント)を目指している学生のみなさん向けに、日本経営グループのリクルーターや採用担当者が、採用活動の舞台裏や就職活動に役立つ情報などを発信していきます。

【海外インターン事例紹介】インド

世界一を目指す国、インドへ

皆さんこんにちは!
今回は日本経営の海外展開に向けた施策の一つである
海外インターン事例を入社3年目社員の杉田が紹介します!

渡航国:インド(チェンナイ)
期 間:4ヶ月
内 容:日本企業向けのインド進出支援コンサル

私はもともと海外で働くことに興味がありましたが、実際に行くのは5年後、10年後の話だと考えていました。
しかし、昨年社内で海外インターンの声掛けがあり、2年目という若さで挑戦させて頂くことができました。

インドは人口が中国を追い抜く勢いで、世界中から有名企業からベンチャー企業が集まっており、今後10年で確実に世界への影響力を高めていく国です。
そんなインドで日本人が直面する文化や法律の違い、ビジネス環境の違いを痛烈に体験してきました。

例えば自動車の部品製造会社がインドに進出する場合、都市はどこがいいか?法人格はどうすればいいか?人はどうやって集めるか?・・などなど、非常に多くの悩み事が待ち構えています。
その様な苛酷な環境の中、骨を埋める覚悟で進出して来られる日系企業が沢山あります。
​​​​​​​
私はインドで働く中で不確実性の高い環境で数字という共通言語で事業を見える化する財務コンサルタントの素晴らしさと責任を感じました。

今回は限られた期間の経験でしたが、一度海外で働くことにより物事への視野・視座・視点が格段に広がりました。

日本経営では例えはじめは漠然とした小さな想いでも、周りに共有することで一人ひとりにあった成長機会を与えていただける会社です。
迷っていても構いません。一緒になって悩んでくれる上司・先輩と、自分の想いを具体化していってください!

そしてもちろん海外への開拓精神を持った熱意のある方を募集しています!!
一緒に世界が抱える問題に果敢にチャレンジしましょう!!