コンサルタントや会計職(税理士・公認会計士・会計コンサルタント)を目指している学生のみなさん向けに、日本経営グループのリクルーターや採用担当者が、採用活動の舞台裏や就職活動に役立つ情報などを発信していきます。

ある3年目コンサルタントの1週間のスケジュール

 皆さん初めまして、日本経営3年目社員の多田(25)と申します。コンサル部門に配属後、主に病院の収益改善、現場運用改善、再生事業に関わってまいりました。いわゆる、「戦略コンサル」といわれる領域です。
 今回は私の1週間の業務スケジュールを包み隠さずお伝えしますので、社会人としての働き方のイメージの一つとして参考にしていただければと思います。

◆◇◆月曜日◆◇◆

07:00 起床

08:00 出社
 1週間のはじまりである月曜日は、チーム会議があります。
チームメンバーで1週間のスケジュールや、サポートが必要なことがないかを確認します。

​​​​​​​10:30 お客様先へ移動
 3年目社員となりますと、お客様先へは一人で訪問し、一人で納品(いわゆるコンサルティング)をします。入社3年目の社員が一人で納品できるのかと思われると思いますが、やります。その為に入社直後から専門性と人間性を鍛えられ、分析報告会やセミナー等で場数を上司と共に踏んでいきます。
 なお道中は音楽を聴きながら、その日の進め方を静かに考えています。

13:30 お客様先に入る
 病院に着いたら色んな方と打ち合わせをします。まずリハビリ部門長、医事課長、地域連携室室長、看護部長、そして事務長と。相手方は全員私の両親よりも年齢は上の方々です。ですが病院をよりよくしていく為の打ち合わせでは、私もプロのコンサルタントとしてお話を致します。この日もある課題に関して部署長はAという解決策を考えている中で、私はBという提案をしました。そこで色んな部署の意見を集約し、更に検討することでBという対応をすることになりました。
 よく学生の方々の中には、コンサルタントは「答え」を提示する職業と考える方もいらっしゃいます。私は「様々な道を提示し、お客様と一緒に道を選び、時には新しい道を作っていく」職業と考えています。そうすることでお客様自身が「よし、やってみよう」と自発的に動き、病院組織をよりよくしてくれると信じています。
 その日は病院の管理職会議に参加し、経営実績の報告を私の方で行いました。

17:30 お客様先を出発(いつも現地の名産品を夕食に食べ、帰っています)

20:30 寮に帰宅
 寮に帰った後、メールチェックを行い、それが終わった後はAmazonPrimeで映画を見ました。その後友人から電話があり、30分程話し、寝支度をしました。

24:00 就寝


◆◇◆火曜日◆◇◆

07:00 起床

08:00 出社
 この日は会社に荷物と印刷物を取りに帰り、直ぐにお客様先に伺いました。

09:00 お客様先に入り
 この日のお客様は現場運用をしている先でした。実際にお客様の事務部門に席を作ってもらい、様々な方と打ち合わせをしたり、席で病院の現状を分析したりしています。最初は「この人誰?」と皆さん混乱していましたが、今では「あれ?メガネ変えた?前の方が似合っていたのに」と楽しくやっています。
 ただ楽しいばかりではなく、病院の運用の意思決定を行う為に、院長・事務長・看護部長・私で会議を行い、経営コンサルという立場から様々な意見を申し上げ、穴のない実行施策を作り上げていきます。

18:00 お客様先を出ます。

19:30 寮に帰宅する前に同期と電車であったため、一緒にご飯を食べました。

20:30 寮に帰宅
 昨日の映画の続きを見ていました。その後寮にリビングに行くと同期と後輩がサッカーゲームをしていましたので、後ろから参加していました。最近のグラフィックは凄いですね。

24:00 就寝

◆◇◆水曜日◆◇◆

07:00 起床
 この日はお客様先に直接訪問する日でした。

09:00 お客様先に入る
 病院に入ってから直ぐに事務長と1対1で話し合う場となりました。金融機関からの紹介頂いたお客様であり、経営状況が芳しくない状況でした。
 これまで提案させて頂いた改善施策の進捗管理と、金融機関に提出する事業計画の打ち合わせを行っています。銀行に提出する計画ですので、全てにおいて根拠が必要であり、また1つの数字も間違ってはいけないものです。この際気をつけていたのは、「日本経営が作った計画」ではなく、「病院が自ら作った計画」になるようにお客様先の意識を持ち続けています。

12:00 終了、この日はもう一つのお客様先へ

15:00 二つ目のお客様先へ
 このお客様先では経営会議に参加し、様々な質問へ回答するオブザーバーとして参加しています。各部門からの質問は専門性が高く、勉強が必要な毎日です。

18:00 お客様先を出発

20:00 寮に帰宅
 食事を済ませた後、医療の勉強を行っていました。今月から関わったお客様先で特に多い疾患症例を学びながら、医師の先生はいったいどのような治療を行い、看護部はどのようなケアを必要とし、各部門はどう関わっているのかをイメージしながら調べています。これは先輩から教わった方法ですが、かなり良かったです。

24:00 就寝
 ちなみに私の家系はロングスリーパーで、この時間になると起きてられません。


◆◇◆木曜日◆◇◆

07:00 起床

08:00 出社
 この日は終日会社にいる日でした。コンサル部門の社員はほとんど出張で、終日会社にいる日は多くありません。(滅多に会社に現れないため、幻のポケモン並といわれる人もいます)。
 会社にいる日は主に資料作成と上司との打ち合わせを行います。資料に関して上司の確認を頂く中で、上司の経験上気をつけておくとよい箇所、他院の良い事例を教えてもらいます。

18:30 終業

19:30 寮に帰宅
 1時間ほど勉強した後に、AmazonPrimeで映画を見ました。

24:00就寝

◆◇◆金曜日◆◇◆

06:30 起床
 遠方のお客様先に向かう為いつもより早起きして、東北へ向かいました。
 この日は上司と一緒の訪問です。

10:30 お客様先に入り
 この日は職員の方々へこれまで行っていた経営分析の結果を報告する日です。医療の政策動向から、地域の外部環境、病院内の診療実績を中心に報告します。
 当然ですが良いことだけを報告することはしません。職員にとっては耳が痛いことも報告します。しかしながらその際に、ただ出来ていないことを報告するのではなく、「これを行うことで病院と患者にはこのようなメリットがある」と伝え、数字的根拠もあわせます。人は夢と根拠がない話は聞きません。人に動いてもらう。これがコンサルタントとして一流かそれ以外かの違いだと思います。

15:00 お客様先を出発
 この日は上司と一緒に夕食を食べました。仕事の話もしますが、途中からは美味しいラーメンの話を延々と語り合っていました(ただその日の夕食はお肉です)。

21:00 寮に帰宅。
 次週一週間の予定の再確認をした上で、資料作成等の進捗を確認し、次週の立て付けを考えた後は、1時間ぐらい勉強した後、寝てしまいました。



◆◇◆土曜日◆◇◆

 この日は大学時代のサークルのOBOG総会に参加し、久方ぶりに大学の友人と会い、楽しんでいました。夕方は寮にいる社員と焼肉パーティーを行い、買いすぎたエリンギに悪戦苦闘していました。


◆◇◆日曜日◆◇◆

 この日は午前中友人と映画を見た後、午後は寮でのんびりしていました。夕方からは来週以降の資料を作成し、平日の分を前倒しで行っていました。


◆◇◆最後に◆◇◆

 1週間の予定でしたので長文失礼致しました。如何でしたでしょうか。これが私の実際の1週間です。よく学生の方から「仕事は大変ですか」と聞かれます。仕事は大変です。しかしそこに楽しさ、やりがいもあることは事実です。苦労して課題を分析と解決策案を提示し、それを院長自ら「よしやってみよう!」といわれると本当に嬉しいです。
 人が大事にする価値観は十人十色です。是非様々な業界と働き方を調べ、自分にあった会社を選んでくれればと思います。今回の記事がその一助になれば幸いです。